サッカーU17W杯・日本2連勝で決勝T、東京五輪U23世代活躍 - 2020tokyo2020.com

Home || 競技日程 | 競技場一覧 | 過去の大会 | ニュース |

サッカーU17W杯・日本2連勝で決勝T、東京五輪U23世代活躍

サッカーU17W杯・日本2連勝で決勝T、東京五輪U23世代活躍

サッカーのU-17(17歳以下)ワールドカップ(アラブ首長国連邦)で、日本代表は予選リーグ2戦目となるベネズエラを相手に3-1で勝利し、2連勝で予選グループDの2位以内が確定、決勝トーナメントへの進出を決めました。

この試合でも東京オリンピックU-23世代の選手が活躍し、GKの阿部航斗くん(アルビレックス新潟ユース)とMFの鈴木徳真くん(前橋育英高校)が先発出場したほか、途中出場で第1戦に続きDFの坂井大将くん(大分トリニータU-18)も出場しました。

第1戦に出場したMFの三好康児くん(川崎フロンターレU-18)とFWの小川紘生くん(浦和レッズユース)の2人はこの試合控えで、まだ出場機会のないFWの杉森考起くん(名古屋グランパスU18)も含め今後の出場が期待されます。

東京オリンピックに出場可能なのは、2020年にU-23(23歳以下)世代となる1997年1月1日以降に生まれた選手。サッカー日本代表は開催国枠により2020年東京オリンピックへの出場が決まっています。

FIFA U-17 World Cup UAE 2013|日本代表|日本サッカー協会