野球ソフト・空手・クライミング・サーフィン・スケボーが追加種目に決定 - 2020tokyo2020.com

Home || 競技日程 | 競技場一覧 | 過去の大会 || 競技紹介 | ニュース | ブログ ||
2020東京2020.com > ニュース > 野球ソフト・空手・クライミング・サーフィン・スケボーが追加種目に決定

野球ソフト・空手・クライミング・サーフィン・スケボーが追加種目に決定

野球ソフト・空手・クライミング・サーフィン・スケボーが追加種目に決定

国際オリンピック委員会(IOC)は、2020年東京オリンピックの追加種目に「野球・ソフトボール」「空手」「スポーツクライミング」「サーフィン」「スケートボード」の5競技・18種目が決まったと発表しました。

これは、開催都市が新たな種目を提案できる「追加種目」制度により実現するもので、この制度は2020年の東京大会から導入されます。

開催都市で人気があるスポーツなど広く根付いた競技が提案される制度で、東京大会では日本で人気のある野球・ソフトボールや空手に加え、若者の関心が高いスポーツクライミング・サーフィン・スケートボードが追加競技に決定しました。

野球・ソフトボールは2008年の北京大会以来で3大会ぶりの復帰となり、その他の4競技は初めての採用となります。

追加種目の競技会場は今後決定される予定で、野球・ソフトは横浜スタジアム、空手は日本武道館、サーフィンは千葉県、クライミングとスケートボードはお台場が候補地に挙げられています。