国立競技場の聖火台を取り外し、石巻市に貸し出しへ - 2020tokyo2020.com

Home || 競技日程 | 競技場一覧 | 過去の大会 || 競技紹介 | ニュース | ブログ ||
2020東京2020.com > ニュース > 国立競技場の聖火台を取り外し、石巻市に貸し出しへ

国立競技場の聖火台を取り外し、石巻市に貸し出しへ

国立競技場の聖火台を取り外し、石巻市に貸し出しへ

1964年の東京オリンピックからちょうど50年になる10月10日、国立競技場の建て替えに伴い聖火台が取り外されました。

今後は、工事の期間中、東日本大震災からの復興のシンボルとして宮城県石巻市に貸し出され、新国立競技場が完成した際に再び返却される予定です。

国立競技場での様々な出来事を見守ってきた聖火台は暫しの引っ越しとなりますが、国立競技場の解体工事が計画通りに進んでいないなどの問題もあるため、無事に戻ってこられるよう見守っていきましょう。