オリンピックに向け2019年までに新交通システムを導入へ - 2020tokyo2020.com

Home || 競技日程 | 競技場一覧 | 過去の大会 || 競技紹介 | ニュース | ブログ ||
2020東京2020.com > ニュース > オリンピックに向け2019年までに新交通システムを導入へ

オリンピックに向け2019年までに新交通システムを導入へ

オリンピックに向け2019年までに新交通システムを導入へ

東京都は、2020年東京オリンピックに向け、2019年までをめどに都心部と臨海部を結ぶ新交通システムを導入する方針を明らかにしました。

想定されているのは、バスを数台つなげたかたちの連結バスで、現在整備中の環状2号を通り、晴海の選手村から有明・お台場の競技場を結ぶルートを通る予定です。

2020年東京オリンピックでは競技場のコンパクトな配置による利便性を特徴とする一方、臨海部にある競技場へのアクセスは距離が近い割に不便なため、新たなアクセス手法の確率が求められていました。

五輪へ 臨海部に新交通システム NHKニュース