リオ五輪のサッカー日本代表監督にJ1仙台の手倉森氏 - 2020tokyo2020.com

Home || 競技日程 | 競技場一覧 | 過去の大会 || 競技紹介 | ニュース | ブログ ||
2020東京2020.com > ニュース > リオ五輪のサッカー日本代表監督にJ1仙台の手倉森氏

リオ五輪のサッカー日本代表監督にJ1仙台の手倉森氏

リオ五輪のサッカー日本代表監督にJ1仙台の手倉森氏

日本サッカー協会は、2016年のリオデジャネイロオリンピックを目指す21歳以下(U21)の日本代表監督に、J1ベガルタ仙台の現監督・手倉森誠氏が就任すると発表しました。

国内組が中心となるオリンピックサッカーにおいてJリーグの選手に精通しているほか、昨年はベガルタ仙台をJ1リーグ2位へ導くなど手腕が評価されての選出で、同氏は今シーズンをもってベガルタ仙台の監督を退任する予定です。

オリンピックの男子サッカー日本代表は、出場回数が全9回、釜本邦茂氏が得点王を獲得するなど大活躍を見せた1968年メキシコオリンピックの銅メダルが唯一のメダル獲得で、次いで惜しくもメダルを逃した2012年ロンドンオリンピックの4位となり、リオデジャネイロオリンピックでの2回目のメダル獲得に期待が膨らみます。

リオデジャネイロオリンピック2016監督に手倉森誠氏が就任|日本サッカー協会